乳酸菌と乳アレルギー

乳アレルギーがあると、名前に乳が付く乳酸菌も摂取できないと思われている方も多いようです。
確かに乳酸菌を摂取するといえばヨーグルトが有名で、これは乳アレルギーの方には摂取できないものになります。
しかし、乳酸菌自体は乳アレルギーでも問題なく摂取できるもので、乳製品以外に含まれているものを選びそちらを摂取することができます。
乳アレルギーでも摂取できる乳酸菌について詳しく説明します。

乳アレルギーと乳酸菌の違い

同じ乳がつくものですが、どういった違いがあるのでしょうか?
乳アレルギーとは、乳製品の中に含まれるカゼインというタンパク質に対するアレルギー反応のことです。
ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、カゼインも含まれていますので乳アレルギーの方は摂取できません。

乳酸菌とは、糖を代謝することによって乳酸を産生する細菌類の総称になります。
自然界では広く生息し、人の体内でも様々な所にみられます。

このように、乳酸菌が産生する乳酸には乳アレルギーの原因となるカゼインは含まれず、乳アレルギーの人も乳酸菌は安心して摂取することができます。

乳アレルギーでも摂取できる乳酸菌は?

乳酸菌を摂取するといえば真っ先に思いつくのがヨーグルトになりますが、それ以外に乳アレルギーの人が摂取できる乳酸菌にはどのようなものがあるのでしょうか?

植物性乳酸菌

乳酸菌には動物性のものと植物性のものがあり、植物性乳酸菌とは植物から作られる食品に含まれている乳酸菌になります。
動物性が乳糖のみを代謝するのに対して、植物性はブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など多様な糖類を代謝することができます。
植物性乳酸菌であれば乳アレルギーの人も摂取することができます。

サプリメント

動物性乳酸菌であっても、乳製品から乳酸菌だけを取り出したサプリメントであれば乳アレルギーの人でも摂取することができます。

植物性乳酸菌が含まれるもの

植物性乳酸菌が摂取できる食品をご紹介いたします。
  • 漬け物
  • キムチ
  • 塩辛
  • ザーサイ
  • ピクルス
  • 味噌
  • 醤油
  • みりん
  • 焼酎
  • 日本酒
  • どぶろく
  • マッコリ
  • 甘酒
乳製品以外で発酵させたものだと植物性乳酸菌が含まれていることになります。
どれもたくさん摂取することが難しい食品ですが、日常的に馴染みのある食品も多く、味噌や醤油などは和食で摂取しやすいかと思います。

植物性乳酸菌は自然界に広く生息できることからも分かるように、様々な環境に耐えられる強い乳酸菌といえます。
そのため、動物性乳酸菌に比べて熱や酸に強く、生きたまま腸まで届きやすいという特徴もあります。
その効果は動物性乳酸菌と同じく、
  • 腸内環境の改善
  • 免疫力の向上
  • アレルギー症状の改善
  • ウイルス感染の予防
などが期待できます。
また、日本人にとっては古くから摂取している乳酸菌になりますので馴染みやすく効果が高い場合もあります。

アレルギーの改善効果がある乳酸菌の種類

乳アレルギーでも乳酸菌が摂取できますが、摂取することでアレルギーを改善する効果も期待できます。
最近では乳酸菌のアレルギーに対する効果を研究している企業も多く、その実験結果で効果も証明されています。
その中でもアレルギーに有効だといわれている乳酸菌はこちらになります。
  • フェカリス菌
  • クレモリス菌FC株
  • L-92乳酸菌
  • ビフィズス菌BB536
  • 乳酸菌KW3110
これらの乳酸菌はヨーグルトに含まれていることがほとんどですが、サプリメントとしても摂取できますので乳アレルギーの人でも摂取し、アレルギー症状の改善も期待できます。

乳酸菌のサプリメントがおすすめ

乳アレルギーの人にも積極的に摂取してもらいたい乳酸菌ですが、植物性乳酸菌となると大量に摂取することは難しくなります。
そこで、動物性、植物性に限らず、乳酸菌だけを取り出したサプリメントがおすすめです。
サプリメントで乳酸菌を摂取される場合も、乳酸菌以外にアレルギー物質が含まれている場合もありますのでパッケージの裏を確認することが必要です。
アレルギー症状の改善も期待できる乳酸菌は、乳アレルギーの人にも安心して摂取して頂けるものになります。