乳酸菌とビフィズス菌の関係

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも人にとって有益で、腸内環境を良くしてくれる善玉菌です。
善玉菌という意味では同じ働きをしますが、分類学上は違う種類になりビフィズス菌は乳酸菌ではありません。
しかし、どちらも増えることによって相乗効果となり腸内環境を整えてくれます。
このような乳酸菌とビフィズス菌の腸内における密接な関係をご紹介します。

乳酸菌とビフィズス菌の違いは?

乳酸菌もビフィズス菌も乳酸を産生して腸内環境を整えてくれる細菌ですが、大きな違いがいくつかあります。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は「ビフィドバクテリウム属」の細菌になります。
乳酸だけでなく、悪玉菌を殺菌する力のある酢酸も産生し、その他にもビタミンB群や葉酸も作り出すことができます。
また、「偏性嫌気性」という性質で酸素がない場所でしか生きることができないため、自然界では動物の腸内にのみ存在しています。
人の腸内では酸素のない大腸に生息しています。

乳酸菌

乳酸菌は分類学上の特定の菌種を指すわけではなく、乳酸を代謝によって50%以上産生する特徴を持っている細菌類の総称になります。
また、「通性嫌気性」という性質を持ち酸素があってもなくても生きることができるため、自然界では広く生息しています。
人の体の中でも様々なところに生息し、主に小腸、十二指腸、大腸にみられます。
身近な食品の中では味噌や醤油や漬け物、乳製品などに多くみられます。
このように、人の腸内では大腸にはビフィズス菌、小腸には乳酸菌と生息する場所も違い、働きも少し違っています。

腸内環境改善にはビフィズス菌が大切

これらの違いのほかに、もう一つ大きな違いがあります。
それは腸内に生息する細菌の数です。
ビフィズス菌は人の腸内にいる善玉菌の99.9%を占め、その数は1兆〜10兆個といわれ、乳酸菌は残りの0.1%以下にあたる1億〜1000億個といわれています。
そのため、ビフィズス菌は人の腸内に適した細菌で、ビフィズス菌の数を増やすことが腸内環境の善玉菌を優位にすることといえます。
腸内環境の改善にはビフィズス菌を増やすことが大切なんですね。

ビフィズス菌を増やす乳酸菌

では、腸内環境を整えるには乳酸菌よりもビフィズス菌を摂取する方がいいのでは?と思ってしまいますが、そうではありません。
ビフィズス菌は胃酸や熱に弱く、口から摂取してもほとんどが腸まで届くことはなく、なんらかの方法で届いたとしても、腸に定着することはないといわれています。
そのため、ビフィズス菌を摂取するよりも乳酸菌を摂取することでビフィズス菌を増やすことが大切です。
乳酸菌(死菌)はビフィズス菌のエサになったり、悪玉菌を抑制することでビフィズス菌が棲みやすい環境を作ったりすることでビフィズス菌を増やす効果があります。
また、乳酸菌とビフィズス菌はともに悪玉菌を抑制する効果があるので、協力して腸内環境を整えるという関係もあります。
そのため、腸内環境を良くするためにビフィズス菌を増やす方法として、乳酸菌を摂取することは相乗効果があるといえるでしょう。

乳酸菌とビフィズス菌は細菌の種類は違うけれど、共に協力して善玉菌が優勢な腸内環境を作ってくれることがわかりました。
特に、ビフィズス菌は腸内の善玉菌の99.9%を占める細菌ですので、ビフィズス菌を増やすことが腸内環境を整えることともいえます。
そのために乳酸菌を摂ることが大切で、他にはビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂るなどして、積極的に増やすことができます。